1. 歌詞検索UtaTen
  2. 初音ミク
  3. 銀河録歌詞

「銀河録」の歌詞 初音ミク

2016/1/2 リリース
作詞
はるまきごはん
作曲
はるまきごはん
文字サイズ
よみがな
hidden

夜明よあまえ街灯がいとういて
つめたい空気くうきさえも 藍色あいいろだった

ちかいようで とおかったライト
えちゃうまえ蝋燭ろうそくてるような

ごめんね 最果さいはてだとおもった
きみ夜明よあけをてなかった
電波塔でんぱとう点滅てんめつする

らいだふたりの距離きょり全部ぜんぶ
一度零いちどぜろもどしておいて
しろいきになりそうだ

銀河ぎんがみたいな 銀河ぎんがみたいな
銀河ぎんがみたいなまちだったね
ぼくらふたりだけの 夜明よあけだった
夜明よあけだったんだ

建前たてまえ曖昧あいまいなように
完全かんぜん覆面ふくめんなんて無理むりなんだ

ちかづいたら とおざかるライト
あわいオレンジ くらくなって

いてしまう理由りゆうくちざす理由りゆう
りたくなるわけは

わらってくれるような 魔法まほうみたいな言葉ことば
銀河ぎんがかくしてるからさ

銀河ぎんがみたいな 銀河ぎんがみたいな
銀河ぎんがみたいなきみだったよ
ぼくさがしている 夜明よあまえつかるように

水平線すいへいせん 境界きょうかいかさなった 輪郭りんかく
水平線すいへいせん 境界きょうかいかさなった 輪郭りんかく

ライターの温度おんど わすれてしまうから
彗星すいせいむのさ
どこにでもあるようなはなしなんだ

銀河ぎんがみたいな 銀河ぎんがみたいな
銀河ぎんがみたいななつだったね
ぼく宇宙うちゅうつないだ
つないだんだ