「かもめ挽歌」の歌詞 加藤登紀子

2003/11/26 リリース
作詞
加藤登紀子
作曲
加藤登紀子
文字サイズ
よみがな
hidden
みなとまれて みなとんだ
しろいカモメをってるかい
よごれた港町みなとまち 都会とかいのはずれ
一羽いちわのカモメが んでいる

あおそらあおうみがどこまでもひろがっているよ
もっととおんでゆけ
うみのむこうの 見知みしらぬみなとまで

それでもカモメはうみ
まれたみなとをはなれはしない
ふねうえをかいて
なじみの水夫すいふたちにわかれをつげる

あおそらあおうみがどこまでもひろがっているよ
もっととおんでゆけ
うみのむこうの 見知みしらぬみなとまで

みなとまれて みなとんだ
しろいカモメをってるかい
まぶしい日射ひざしに はねをやすめて
一羽いちわのカモメはなに

あおそらあおうみがどこまでもひろがっているよ
もっととおんでゆけ
うみのむこうの 見知みしらぬみなとまで