「難破船」の歌詞 加藤登紀子

2002/6/19 リリース
作詞
加藤登紀子
作曲
加藤登紀子
文字サイズ
よみがな
hidden
たかがこいなんて わすれればいい
きたいだけ いたら
まえちがあい
えてくるかもしれないと
そんなつよがりを ってみせるのは
あなたをわすれるため
さびしすぎて こわれそうなの
わたしあい難破船なんぱせん
れたつばさ ひろげたまま
あなたのうえちてきたい
うみそこしずんだなら
きたいだけいてほしい

ほかのだれかを あいしたのなら
いかけては けない
みじめなこいつづけるより
わかれのくるしさえらぶわ
そんな一言ひとこときもせず
わかれたあのあさには
このさびしさ りもしない
わたしあい難破船なんぱせん
おろかだよと わらわれても
あなたをいかけきしめたい
つむじかぜをまかせて
あなたをうみしずめたい

あなたにえない このまち
今夜こんやひとりあるいた
だれもかれも らんぷりで
無口むくちなままとおりすぎる
たかが恋人こいびとを なくしただけで
なにもかもがえたわ
ひとりぼっち だれもいない
わたしあい難破船なんぱせん