1. 20才のモノローグ歌詞

「20才のモノローグ」の歌詞 北原佐和子

1984/12/16 リリース
作詞
小倉恵
作曲
岸正之
文字サイズ
よみがな
hidden
シャワーびた素肌すはだに バスローブ
れたかみ そのままにしてぼんやり
かがみてるかざのないわたし
一番いちばんきなの

ルージュ似合にあしたくちびる
むねおく すこしとまどってるの
いつかきっと素顔すがおきらいになる
そんながして

あさ気配けはい かんじながら
今日きょうばなしたくないこころ
夜明よあまえあお時間じかん
それは20才はたちのモノローグ

ねェ いつだってらんかお
まばたくデジタル
足踏あしぶみしていたらこころだけが
おいてきぼり

あさ気配けはい ちかづいてる
今日きょう昨日きのうわってしまう
かすんでゆく つきひかり
ちょっとせつないエピローグ

あなただけには
ルージュをたよらないで
あいされたいの

ねぇ すこしずついつくから
いそがせないでね
素顔すがおきなまま わたしらしく
大人おとなになる

あさ気配けはい もうすぐそこ
今日きょう昨日きのうわってくけど
ひがしそら ほおめたら
それは明日あしたのプロローグ