1. 歌詞検索UtaTen
  2. 千昌夫,八代亜紀
  3. あした天気になーれ歌詞

「あした天気になーれ」の歌詞 千昌夫,八代亜紀

2001/7/25 リリース
作詞
もず唄平
作曲
大谷明裕
文字サイズ
よみがな
hidden
(おんな)ポケットに賢治けんじ詩集ししゅう
(おんな)ゆきれて かさもささずねずみみたいでさ
(おんな)一人ひとり 本当ほんとうざまァかったね
(おとこ)「なにってんだい おれだって おまえ苦労くろうしたべ」
(おとこ)流行はやりすたりのボストンバック たったひとつで
(おとこ)東京とうきょういて ビルの谷間たにま立往生たちおうじょう
(おとこ)くもりのちあめ
(おんな)時々ときどきれの
(男女だんじょ)人生じんせいだから
(男女だんじょ)あした
(男女だんじょ)あした
(男女だんじょ)あした天気てんきになーれ

(おとこ)一滴いってきめないくせに
(おとこ)ふるさとの さけかたむけて子守唄こもりうた
(おとこ)一人ひとり ぼやきながらうたってた
(おんな)「なにうとっとね わたし苦労くろうしたつよ!」
(おんな)こんなつもりじゃなかったなんて グチをこぼして
(おんな)にがさけんで あめむのをっていた
(おとこ)くもりのちあめ
(おんな)時々ときどきれの
(男女だんじょ)人生じんせいだから
(男女だんじょ)あした
(男女だんじょ)あした
(男女だんじょ)あした天気てんきになーれ

(おとこ)くもりのちあめ
(おんな)時々ときどきれの
(男女だんじょ)人生じんせいだから
(男女だんじょ)あした
(男女だんじょ)あした
(男女だんじょ)あした天気てんきになーれ