1. 歌詞検索UtaTen
  2. 半崎美子
  3. 夏花火歌詞

「夏花火」の歌詞 半崎美子

2017/4/5 リリース
作詞
半崎美子
作曲
半崎美子
文字サイズ
よみがな
hidden
せてはかえ波間なみまに もう二度にど出会であえない
あなたをかさねてられていた
おもばかりやして 退屈たいくつった
なにもない それがよけいに二人ふたりをそっとちかづけていた

ただよあいだだけこわれずにいた あわのような日々ひびだったけど
水面すいめんのようにきらきらかがやいていた

もうかえらない あなたがいたなつ
太陽たいよう余熱よねつ夜風よかぜしずめた
いまはなれないのは あのみたなつ花火はなび
ゆっくりちるひかりのつぶ おともなくえていった

すなあしをとられうごけなかった
このまま季節きせつだけがあなたをさらって

わったはずの花火はなびみずれたら
なぜだろう ちいさなおとがして
またむねきしんだ

わすれたはずだった あなたとのなつ
最後さいごえたひかりのつぶ いまもまだのこっている
いまもただのこっている