1. 歌詞検索UtaTen
  2. 南野陽子
  3. ひとりっきりの夏は歌詞

1998.8.21 リリース

「ひとりっきりの夏は」の歌詞 南野陽子

作詞
小倉めぐみ
作曲
亀井登志夫
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
よみがな
あなたにサヨナラを あげたから
トキメク気持きもちさえ
あのにさらわれたみたい

そっと日傘ひがさのかげで つくタメいき
海沿うみぞいのアスファルト
ちすくんでるの…ダ・メ・ネ

ひとりっきりのなつ
あなたばかりを ふりむいてしまう
とおりすぎたみち
あざやかだった 昨日きのうがいっぱい
いたいほどきらめく…「あのころもどりたい…」

ガードレールのこう
れた浜辺はまべ
まっなビーチボール
イジワルなほど はしゃいでる

あなたはポケットに
かくしてたね
あの写真しゃしんだって
がついてたのよ…ソ・ウ・ネ

ひとりっきりのなつ
わらごえだけ おもすけれど
不安ふあんかさねながら
そしらぬかおなみだいてた
いつめてしまえば…「サヨナラになるから…」

そう 無邪気むじゃき笑顔えがお
こまらせたワ
つぎはなせなくなるって
みぬいていたのよ…ソ・ウ・ネ

ひとりっきりのなつ
ムリしてつなぐ あいをほどくため
いつかつけすわ
おなこころで よりそえる恋人ひと
いたいほどきらめく…「あのころのこして…」

ひとりっきりのなつ
あなたばかりを ふりむいてしまう
とおりすぎたみち
あざやかだった 昨日きのうがいっぱい
いたいほどきらめく…「あのころもどりたい…」

ひとりっきりのなつ
わらごえだけ おもすけれど
不安ふあんかさねながら
そしらぬかおなみだいてた
いつめてしまえば…「サヨナラになるから…」