1. 歌詞検索UtaTen
  2. 南野陽子
  3. パンドラの恋人歌詞

1998.8.21 リリース

「パンドラの恋人」の歌詞 南野陽子

作詞
田口俊
作曲
亀井登志夫
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
よみがな
とめて時間とき
そのくちびる
まばゆい一瞬いっしゅん
とめてなつ
水晶プリズムいろ
むねにやきつけて

パンドラの小箱こばこをあけるように
あなたのこころなか
そっとのぞいたらこいはどこかに
げてしまうかしら
しおれたすな
あなたの背中せなか
うしろからきしめて
鼓動こどうだけかんじたい

えるおも
ねえせつなくて
一秒いちびょうがつらいの
たとえだれかなしませても
もうはなれないで

しろセイル方舟はこぶねって
陽炎かぎろい外海そとうみ
だれいかけてないところへ
漂流ながされてきたい

あざやかななつかげ
とす陽射ひざしが
空色そらいろめながら
このむねにあふれるの

えるおも
ねえくるしくて
ほおにこぼれたなら
いてつよ眩暈めまいするほど
もうはなれないわ

とめて時間とき
そのくちびる
まばゆい一瞬いっしゅん
とめてなつ
水晶プリズムいろ
むねにやきつけて