1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉幾三
  3. 景色の唄歌詞

「景色の唄」の歌詞 吉幾三

2017/5/24 リリース
作詞
吉幾三
作曲
吉幾三
文字サイズ
よみがな
hidden
あの時代じだい 友達ともだちえば
くさえたグランドが える
おれだけにえる あせだらけのとも
記憶きおくなかゆめだけっていた

夕日ゆうひなかをつなぎ かえいえ
まずしきなかにも わらいがえず
それぞれのみちすすんでるとも
なつかしさだけで 今日きょうきられる

れるも また かぜ
とりも また そらいろも…
とおくなる 故郷こきょうおもえば
なつかしさだけで 今日きょうきている


あのころ家族かぞくえば
かんでますね あのころ
むねをあて びながらあるけば
記憶きおくなかなみだちて

一人出ひとりで一人出ひとりでいえ
都会とかいあこがちちははのこ
それぞれのみちあるいてる家族かぞく
未来あしたゆめみて いまらせてる

秋風あきかぜなか んでゆく
あのとりも また くもさえも
とおくなる 故郷こきょうおもえば
未来あしたゆめみて いまらせてる

Lalala……