1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田山田
  3. 冬の星座歌詞

2018.10.31 リリース

「冬の星座」の歌詞 吉田山田

iTunesで購入
曲名
冬の星座
アルバム
欲望
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
来年らいねんふゆもまたここにようね」
「ずっとそばにいれたらいいね」
曖昧あいまい約束やくそくばかりだったな
ぼーっとして信号しんごうあおわる

えたかぜむねきしんだ わすれようとしたくせに
きみ出逢であった季節きせつになっておも

ふゆ星座せいざ きみゆびさがしている
どれだろう?あれかな?なんてわらうから
きみのせいだ まぶしくてぎゅっといた
何度なんどでも何度なんどでも何度なんどでも またかがや

単純たんじゅん言葉ことばはなえたら
もっとこたえはちがってたかな

空気くうきみたいな二人ふたりになって いまとおまちにいても
きっときみもあの星空ほしぞらおぼえてる

いつかきみくちにしてたねがごと
どこかでだれかとちゃんとかなえたかな
ふかいきめばぎゅっといた
しろいきおともなくそらえた きみいたくなる

ふゆ星座せいざ きみゆびさがしている
どれだろう?あれかな?なんてわらうから
きみのせいだ まぶしくてぎゅっといた
何度なんどでも何度なんどでも何度なんどでも
いつまでもいつまでもいつまでも またかがや

ふゆのせいざ/よしだやまだ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:冬の星座 歌手:吉田山田

リンクコード:

ブログ用リンク:

吉田山田の特集

吉田山田の特集を全て見る