1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 二十才のワルツ歌詞

「二十才のワルツ」の歌詞 吉田拓郎

1980/11/5 リリース
作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
なつはこれ以上いじょう ってはくれない
きみ返事へんじを きかせておくれ
いつもはなしたね 秋風あきかぜころには
このまちてて たびるんだと
ともわかれても あるくつもりだよ
かえあてどなく ただきみこい

たかがおんなというなよ おまえ
すべてをてても あいはついにふりれず

きみ言葉ことばを ひとつだけください
"元気げんきでね""ってるわ"
そして"サヨナラ" でもいいから

絶望ぜつぼうなどと りものはせず
ただゆめ見続みつづけたあげくのこと
できることなら つかれたときにでも
きみをそばにして すこしでもねむりたい
ながすぎた このまちだけど
こい時間じかんめてもくれたよ

おとこおんなは どこかでちが
たとえばおとこは あくまでゆめ

きみ言葉ことばを ひとつだけください
"またいつか""きでした"
そして"サヨナラ"でもいいから

たびにはしるべ自由じゆうさもあるけど
あるときは くちててたおれることもある
未練みれんがましいとうなよおまえ
あのひとあいし なおなにかにむねこがす
まちたなら 一人ひとりになるけれど
最後さいごねがいこそ あのひとのすべてさ

おもえるほどたしかな 姿すがた
やみのかなたへ つつみこんでしまう

きみ言葉ことばを ひとつだけください
"たのしかった""ゆるせない"
そして"サヨナラ"でもいいから

言葉ことばじゃいえない ただむなさわぎ
とにかく このまちわかれるつもりだ
旅立たびだおとこには あまくホロにが
おんなとのはなしが つきものでもいいだろう
なつくもあきえるけど
このおれ一人ひとり だれうあてもなし

これでわりさ そしてなにかがはじまる
門出かどでおとこきみはまだくちとざすのか

だれ言葉ことばを ひとつだけください
"ってこいよ""わすれちまえよ"
そして"さよなら"でもいいから

だれ言葉ことばを ひとつだけください
"ってこいよ""わすれちまえよ"
そして"さよなら"でもいいから