1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 爪歌詞

「爪」の歌詞 吉田拓郎

1978/11/21 リリース
作詞
松本隆
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
よるとばりりも ふゆれた部屋へや
きみはプツリと つめってる
かたまるめて まつせて
深爪ふかづめしたら あとでいたいよ

よるつめると 不幸ふこうになると
ふることわざ いたことある
むかしおんなまもるため
つめをのばして いたんだってね

わかれを一瞬いっしゅんまえ
よるはこんなにしずかなんです
わかれを一瞬いっしゅんまえ
よる背中せなかが こわいんです

おともたてない 電気時計でんきどけい
馬鹿ばかていねいに とききざんで
くるいもしない 時計とけいみたいに
きみはだんだん つまらなくなる

無精ぶしょうなぼくを 床屋とこやかせ
綺麗きれいさっぱり 毒気どっけいた
きみみがいた ピカピカのゆか
あいすべって 自業自得じごうじとく

わかれを一瞬いっしゅんまえ
よるはこんなにしずかなんです
わかれを一瞬いっしゅんまえ
よる背中せなかが こわいんです