1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 街へ歌詞

1980.5.5 リリース

「街へ」の歌詞 吉田拓郎

iTunesで購入
曲名
街へ
アルバム
Shangri-la
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
どしゃぶりのあめなか
タクシーをりてぼく一人ひとり
おも沢山たくさんしみこんだ
表参道おもてさんどうあるいている
あれはそうもう何年なんねんまえ
やるせないおもいをともとして
都会とかい自分じぶんをなじませようと
原宿はらじゅくあたりへやってきた

その雨模様あめもよう
かすかに山手線やまてせんはし
電車でんしゃおと心地ここちよく
何故なぜ気持きもちもやすらいで
このまちうたでも
つくがくればいい

そのころはまだ若者わかもの
あふれるほど人数にんずうはなく
ほんのひとかたまりの芸術家げいじゅつかきどりが
明日あすについて熱弁ねつべんをふるっていた
時代じだいえるのはつね青春せいしゅん
いた常識じょうしきより はるかにつよ
たとえばあらしにのみこまれても
歴史れきしはそれをがさないだろう

えないなにかにむかって
僕等ぼくらすすもうとした
あのときしんじたものは
ビートルズやボブ・ディランのうた
みつかなくとも
あいせるまちだった

あいしたおんなもいる
こいやぶれたこともある
なぐさめたりなぐさめられたり
それもおおきな一瞬いっしゅんだった
原宿はらじゅく表参道おもてさんどうだれにも
かたられなかったドラマを
なつかしいひとがやってると
そっとはなしかけてくれるにちがいない

あなたの人生じんせいはいかが
わかさはホロにがいネ

ときにはたずねておいで
えたら笑顔えがおでむかえよう
わってしまったのは
まちだけではないはず

まちへ/よしだたくろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:街へ 歌手:吉田拓郎

リンクコード:

ブログ用リンク: