1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 裏街のマリア歌詞

「裏街のマリア」の歌詞 吉田拓郎

1978/11/21 リリース
作詞
松本隆
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
わたしにはこころうら
れるちからがあるの
そうってくちびるのはしを
ゆがめてた きみかなしい
きたいんでしょう ねぇ そうでしょう
おとこだれでもおなじよ」なんて
したたかぶって すねないでおくれ
うらまちのマリア 少女しょうじょかおには
くわえた煙草たばこ似合にあわないだろう
うらまちのマリア だれでも孤独こどく
つよがりわずにぼくのでお

一度いちど二度にどきずついたって
こころならときいやせる
正直しょうじききてみようよ
いつだって はなしにのるから
きたいんでしょう ねぇ そうでしょう
わたしちかづく理由りゆうは」なんて
ひと気持きもちを 茶化ちゃかさないでくれ
うらまちのマリア 心配しんぱいなんだよ
気持きもちの綺麗きれいひとほどよごれる
うらまちのマリア 素顔すがおいてる
化粧けしょうとしてぼくのでお

うらまちのマリア おもっているより
ひとにはやさしいこころがあるさ
うらまちのマリア しんじてごらんよ
今夜こんやあさまでぼくのでお