1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 風のシーズン歌詞

1981.12.1 リリース

「風のシーズン」の歌詞 吉田拓郎

iTunesで購入
曲名
風のシーズン
アルバム
無人島で…。
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
かぜのシーズン ぼくには四季しきがない
しろいだうみかがみているね
ときながれも だんまりにくるさ
きみあさふくいといどりに
なつ気配けはいいきをひそめてる

もっとあいしていいよ
ひときになるのは いいことだし
もっとあいしていいよ
こころあるく そのまま をゆだねたいもする

かぜのシーズン ぼくには四季しきがない
はしゃいだなつしずみゆくふゆだけ
あとはただのかぜのシーズン
あとはただのかぜのシーズン

しろこおまど朝陽あさひかすころ
ふゆのホテルに 人影ひとかげもない
うすいシーツまとう きみねむかお
何故なぜ見飽みあきて ふとらす

これでわりにしよう
うそれてしまえば いきがつまるし
これでわりにしよう
つめたいいしくよに きみくのはかなしい

かぜのシーズン ぼくには四季しき
きらめくなつと ものわぬふゆだけ
それもただのかぜのシーズン
それもただのかぜのシーズン

かぜのしーずん/よしだたくろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:風のシーズン 歌手:吉田拓郎

リンクコード:

ブログ用リンク: