1. 歌詞検索UtaTen
  2. 和久井映見
  3. 始まりの夏歌詞

「始まりの夏」の歌詞 和久井映見

1993/8/25 リリース
作詞
芹沢類
作曲
亀井登志夫
文字サイズ
よみがな
hidden
あの坂道さかみちのぼって
もうあのひとがるころ
エンジンのひびきが
こえてくるわ

まだねむったあさまち
コーヒーもまないで
ばしているでしょう

やっとちいさなつつ
はじめての朝食ちょうしょく

苦心くしんしたことはあくまでかく
二人ふたりべましょう
さりげなくわたせたらいい

なぜさそってくれたのか
きたいけれどかない
かっていることは
チャンスは一度いちど

ねえ何度なんどおくられたわ
友達ともだちすわってた
うしろのシートに

バックミラーでひとみうたび
うったえたこのおも

地味じみ方法ほうほうさきされる
あせっていたけど
奇跡きせきぶうれしいなつ

今日きょう一日いちにちでキメたい
あこがれていた助手席じょしゅせき
これからはわたし
ひとめなの

あの横顔よこがおつめて
きなCDながして
ときめきにられて
どこでもくわ

かがみをのぞいて最後さいごのチェック
すこわらって
奇跡きせきぶうれしいなつ

ほら坂道さかみちのぼって
もうあのひとがるころ
エンジンのひびきが
こえてくるわ

なぜさそってくれたのか
きたいけれどかない
かっていることは
チャンスは一度いちど

あの横顔よこがおつめて
きなCDながして
ときめきにられて
どこでもくわ