1. 背中~愛する人へ~歌詞

「背中~愛する人へ~」の歌詞 和久井映見

1997/6/25 リリース
作詞
岩切修子
作曲
石田小吉
文字サイズ
よみがな
hidden
ほおせてるから
このまま じっとしててね
まどろむと ひろ背中せなか
そらになった

まるで 夜明よあけのように
あたらしい勇気ゆうきがわく
こんなとき 二人ふたり出逢であえて
かったなんておもうの

どんなにあいしても
ひとみんな 孤独こどくだね
それでも ずっとわらず わたしは あなたに
希望きぼうを あずけよう

なにわないのに
ひとみ微笑ほほえみあえる
ぬくもりは あいしんじる
こころがいた 言葉ことば

自分じぶんかた
きらいにね なるときも
わたしは きっと あなたの素敵すてきなところを
つけてあげるから

ゆびえがいた文字もじ
あなたの孤独こどく かして
いつのゆめをはげます
つばさになればいい

すべてをくしても
あなたがいればいい