1. STAND BY ME歌詞

「STAND BY ME」の歌詞 和久井映見

1997/6/25 リリース
作詞
和久井映見
作曲
酒井ミキオ
文字サイズ
よみがな
hidden
何度目なんどめ桜色さくらいろかぜ
以外いがいはやかった 出会であいから
れないでつなぐことも
いまなら自然しぜんにできるのにね
しあわせも せつなさも
いつだって みんな半分はんぶんずつにしてた
あるいたりまったり
ときにはきずつけっても
こころのどこかで大丈夫だいじょうぶだとしんじた
あふれるなみだ理由りゆう
かなしみだけじゃないことを
あなたがはじめてわたしおしえてくれたの
こいゆめなか
STAND BY ME

おなみちあるいているのが
あたりまえのことになったけど
気取きどらずにうのは
ときめきよりもあたたかかった
窮屈きゅうくつ坂道さかみち
二人ふたりなら きっと まっすぐすすめるはず
あるいたりまったり
ときにはかぜれて
たおれそうでもけないでくじけないで
ちいさなとりたちうた
いつかは宝物たからものになる
たしかなものが ここにはあるとしんじてる
あいゆめいて
STAND BY ME

どんなにとおはなれても
一番いちばんちかくにいるひと
コートをいだら
明日あしたはどんなかぜく?

どんなにときながれても
一番いちばんちかくにいるひと
いとしい気持きもちは
二人ふたりまもつづけるよ

すきですきでいたよる
いまわすれないよ
STAND BY ME