1. まん丸の蒼い月歌詞

「まん丸の蒼い月」の歌詞 因幡晃

2010/7/21 リリース
作詞
因幡晃
作曲
因幡晃
文字サイズ
よみがな
hidden
時代とき一緒いっしょけた
ともしずかに見送みおくった
いずれまたときるから
けっしてうまいわかれの言葉ことばなど

じっとつめるふしくれたこの
きみ最後さいごぬくもりがのこ

たしかに なにかに いつもさけんでた
やりのないいかこえにして
きずつき き それが青春せいしゅん
時代じだい隙間すきまうたがいもしなかった

まよつづけたわか
戸惑とまどいながらさがしてた
れたこころの その場所ばしょ
やっとここに辿たどいたんだね

ゆっくりねむ人生じんせいというたび
おも荷物にもつかたからろして

これから 一人ひとりで もうすこきて
きみゆめ行方ゆくえさがすよ
いままで あれほど きみあこがれた
かけがえのしあわせっていうやつを

ちいさく かすかに えてゆくきみ
うしろ姿すがたればけた
くだけ いて 見上みあげたそらには
あのともた まんまるあおつき