1. ヴィオロンの響き歌詞

「ヴィオロンの響き」の歌詞 因幡晃

1993/10/1 リリース
作詞
因幡晃
作曲
木森敏之
文字サイズ
よみがな
hidden
まちはいつか 雪化粧ゆきげしょうなか
ボンヤリ外路がいろとう ともしびはじめた
ひとつのコートにわたしかた
ふるえているねと それはさむさのせいじやない

ねがいもっとあるきたいの
いずれはえる ゆきなか
りむかないで貴方あなた 二人ふたり足跡あしあと
せめてのこして

つらすぎるわ このむねいたみが
きてるあかしと ひとうけど
どうぞ やめて ヴィオロンのひびきよ
いまわたしには あまりに せつなくこえるから

ひるもなおくら季節きせつには
はるのいぶきさえ こえない
あしどりのおもひと こころもすさんで
まち冬枯ふゆがれ

ねがいもっとあるきたいの
いずれはえる ゆきなか
りむかないで貴方あなた 二人ふたり足跡あしあと
せめてのこして