1. 歌詞検索UtaTen
  2. 因幡晃
  3. 忍冬歌詞

「忍冬」の歌詞 因幡晃

1992/6/21 リリース
作詞
ちあき哲也
作曲
杉本真人
文字サイズ
よみがな
hidden
だっていつかこじれて 駄目だめになるより
こいにおいさせずに そばにいたいわ
たまにってこうしてめるだけでも
おんなとしてすこしは ゆめがあるでしょ……

くせない ひとだから
つづけるひとまく友達ともだち芝居しばい だけど

しのぶというむずかしい
こころやいばせるのね
時々ときどきこころがいたむのは
やいばあばれるせいなのね

もっとらくかた してもいいのに
なぜかわざとさびしいみちをえらぶの……
今日きょう今日きょういたみがむねをしめても
ひとりせきつまできはしないわ
ばかなのね ふるいのね
ぬまでひそかに あいするなんて だけど……

いとしいはななら 忍冬すいかずら
なつでもあきでもはる
どうしてわたしのいとしさは
しのぶというがつきまとう

しのぶというむずかしい
こころやいばせるのね
時々ときどきこころがいたむのは
やいばあばれるせいなのね
Lai Lai Lai……
Lai Lai Lai……