1. 歌詞検索UtaTen
  2. 夏木マリ
  3. 夏のせいかしら歌詞

2007.11.21 リリース

「夏のせいかしら」の歌詞 夏木マリ

作詞
安井かずみ
作曲
馬飼野康二
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
いきなりおどろうなんて
あそびなれたひとかしら
かたかれ こいをしそう
なつのせいかしら

やけたはだにふれてくる
おどかたになるの
このままだと こいをしそう
なつのせいかしら

たすけがるよな
不思議ふしぎ気持きもち
つづけてダンスおどれば
真夏まなつ夜空よぞら
るような星影ほしかげ
今夜こんや特別とくべつ

あつあつ太陽たいよう
いじめられた素肌すはだには
バラいろしたこいのしるし
なつのせいかしら

いきなりをつかまえて
きだ」なんてかれ
乱暴らんぼうさに こいをしそう
なつのせいかしら

たすけがるよな
不思議ふしぎ気持きもち
ラストのダンスおどれば
真夏まなつ夜空よぞら
るよな星影ほしかげ
今夜こんや特別とくべつ

しろいシャツがいた
ふたりだけがのこされた
ナイトクラブ こいがゆれる
なつのせいかしら

なつのせいかしら/なつきまり

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:夏のせいかしら 歌手:夏木マリ

リンクコード:

ブログ用リンク: