1. 夏の指輪歌詞

「夏の指輪」の歌詞 大江千里

2002/11/7 リリース
作詞
大江千里
作曲
大江千里
文字サイズ
よみがな
hidden
貝殻かいがらげるふりして んでおいでよ
うみそこひかなつ指輪ゆびわつけたよ
そらうみくだいて エメラルドの泡粒あわつぶ
かなしいひと綺麗きれい人魚にんぎょになれる きみは

ぼくたちは なぜ出会であわなかったのだろう
ああきずつけるより やさしいうそつきぎて

もうこれ以上いじょう もうこれ以上いじょう なにわないでキスして
れたひとみ きみのなみだ ぼくいて
ゆるさないで ゆるさないで あいなどただの蜃気楼しんきろう
ててしまおう きみとふたり なつかれて

まれるまえにここで はぐれたかもしれない
ぼくはあれから きみをさがしずっとまよったから
真珠しんじゅ貝殻かいがら薬指くすりゆびったんだ
だからひとりでいるのかな きみはすぐにした

ぼくたちは 宝探たからさがはじめてる
まぶたにおどなつ きみをはだかにする

ここへおいで ここへおいで 神様かみさまぼくらにくれた
この瞬間しゅんかん きみ以外いがいのほかになにもいらない
孤独こどくなみな熱帯魚ねったいぎょさ このままさらわれてしまおう
まれて くして なつかれて

天国てんごくならきっとあるさ きみとならおよいでいける
二度にどとふたりはぐれやしない ゆびはなさない
だれかここにときめて ぼくらに永遠えいえんせて
しんじられるものなどない それをこわして

もうこれ以上いじょう もうこれ以上いじょう なにわないでキスして
れたひとみ きみのなみだ ぼくとした
ゆるさないで ゆるさないで あいなどただの蜃気楼しんきろう
ててしまおう きみとここで なつかれて