1. 7年目歌詞

「7年目」の歌詞 大江千里

2002/11/7 リリース
作詞
大江千里
作曲
大江千里
文字サイズ
よみがな
hidden
うみかおりがただよ単線たんせんえきりたら
右手みぎてがロータリーさ
山手やまてかうバス うしろに
かがんでよくると 波頭なみがしらえる

終点しゅうてんまでたら ぼく電話でんわをくれないか
そのさきさかがっておいでよ

夕焼ゆうやけのうみ何色なにいろえる
きみの言葉ことばぼくきたくなる
7ねんぶりの リユニオン

プレハブの食堂しょくどうには 雑種犬ざっしゅけんが3びきいて
尻尾しっぽるけれど
きみはやすんでる時間じかんがない
そのかどから 最後さいごきゅうカーブがつづ

ぼくはひげをばして かみ気持きもみじかくしたんだ
きみがいま一人ひとりでいるとってから

ロープウェーがえて 電波でんぱ途切とぎれる
ぼくがそこで おおきく合図あいずをする
7ねんぶりの リユニオン

展望台てんぼうだいまでの らせん階段かいだん
ふたつのほそかげが ぎこちなくれる

教室きょうしつのすみで ノートにかくれて
すこねむそうな きみをてた
づいていたよね

あのころわしてた 理想りそうまでたのかな
現実げんじつはかなりちがうけれど なんとかやれてる

校舎こうしゃ裏側うらがわ うみつづいたみち
あきれるほど まだおぼえてるよ
7ねんたったいま

そういうとわらうきみがいる
あのおなをして