1. 歌詞検索UtaTen
  2. 天月
  3. 花信風歌詞

「花信風」の歌詞 天月

2015/3/1 リリース
作詞
伊東歌詞太郎、天月
作曲
伊東歌詞太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくらいつでもおな場所ばしょから
ってゆめていたね
かえすようにこの季節きせつだけは
このさきもめぐりゆくけど
いろはにほへとあさ夢見ゆめみ
にうつろううたかたの日々ひび
ぼく一人ひとりにするけれどこの
きみがいればたのしい
すこつよかぜいたら
またつぎ場所ばしょへと
いま
ぼくらは二度にどもどらない季節きせつ出会であ
さくらはなくたびおも
刹那せつな調しらゆめうつつ
きみがいることわすれないから
ゆらりゆらりかぜうだけ
出会であいとわかはじめとわり
どうしてもけられないけど
きみ眼差まなざしときみわらかお
それだけが大切たいせつ
やがてこの素晴すばらしいとき
姿変すがたかえるけれど
本当ほんとう大切たいせつなものは
えぬものだと
づいたから
さくらはなるたびおも
うつくしい時春ときはるゆめ
祇園ぎおんかねがために
いざや永遠とわ
さくらはなよいざがれ
この気持きもちだけとどかせて
ぼくがいたことわすれないでね
ゆらりゆらりかぜうだけ
ゆらりゆらりまたまで