1. 歌詞検索UtaTen
  2. 天野月子
  3. 硝子歌詞

「硝子」の歌詞 天野月子

2006/5/31 リリース
作詞
天野月子
作曲
天野月子
文字サイズ
よみがな
hidden
天気てんき野郎やろうようはないわ
あたしはくもってるひときなの
こすれてよごれたひとみ
かがやかせるのが快感かいかんなの

掃除そうじすこしずつやるより
んだほう気分きぶんいいわ
きみにごった硝子がらす一気いっきみがきたい

さびれたハートかかえて 尻込しりごみしてるLooser
れなかったカードは 何処どこ仕舞しまわすれてきたの

ここへおいで
楽園らくえんきみそばねむっている
わずぎらいに そのうで戸惑とまどいはじめたなら
こころまもあつかべばして 創始そうしになれ
すべてがしい そうたくらんでいたあののように

溜息ためいきいてしろにごった
窓辺まどべならばこのうでぬぐって
きみ見逃みのがしてしまう
風景ふうけいせたい

つかれたふりつづけて まっているなら
その背中せなかばして なにつかめるのかためそう

ここへおいで
楽園らくえんきみそばまねいてる
あたまかかえて ひとつの回答かいとうせないなら
真面目まじめすぎるかたくほこててはだかになれ
傷跡きずあとかくはがねよろいなどいらないでしょう?

こわものあつか
やさしいのぞむの?
よわいとこすべてをこわせばらくになるのに

ここへおいで
楽園らくえんきみそばねむっている
わずぎらいに そのうで戸惑とまどいはじめたなら
こころまもあつかべばして 創始そうしになれ
すべてがしい そうたくらんでいたあののように