1. 歌詞検索UtaTen
  2. 奥華子
  3. 彼女歌詞

「彼女」の歌詞 奥華子

2017/5/17 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
わたしこまらせるのも きずつけるのも いつもあなただった
大事だいじなことは二人ふたりだけ こころなかつけられたね

うたびにくるしくなってた いたいとえなくなってた
あなたのきなわたしにはもうなれない

どんなときわすれないでね あいした日々ひびがここにあったこと
どんなときわらっていてね あなたの笑顔えがおも あなたの背中せなか
すべてがいとしかった

ゆっくりしゃべるとことか ながゆびとか きだなっておもった
出会であったのことは何故なぜわたしのほうがおぼえていたね

おだやかにながれた時間じかんわたしだけえてしまったの
あなたのきなわたしにはもうなれない

こんなふうえてくんだね あついほどけるこおりのように
こんなふうおともたてずに あなたの言葉ことばわたしこころ
すこしもれないまま

うたびにくるしくなってた いたいとえなくなってた
あなたのきなわたしにはもうなれない

どんなときわすれないでね あいした日々ひびがここにあったこと
どんなときわらっていてね あなたの笑顔えがおが あなたの背中せなか
すべてがいとしかった
ごめんねじゃなくて ありがとうってえる
わたしになれるように