1. 歌詞検索UtaTen
  2. 姿憲子
  3. 劇唱 天保水滸伝歌詞

「劇唱 天保水滸伝」の歌詞 姿憲子

2014/6/4 リリース
作詞
東逸平
作曲
安藤実親
文字サイズ
よみがな
hidden
利根とねれる すすきねむ
やみのしじまが おとずれる
それじゃあんまり つれなかろうと
まゆのかたちの つき
女房にょうぼうかせの 女房にょうぼうかせの 三度笠さんどがさ
存知ぞんじ 天保てんぽう水滸伝すいこでん

「なんでおとこは ぶつかりたがる
意地いじ意地いじとの 鉢合はちあわせ
つゆさびらすよる わびしいねえ」

むかし なつかし さむらい てた
びる おのれの れの
とものためなら わらってねる
どうせ このながぼし
ひとつぐらいは ひとつぐらいは いことを
存知ぞんじ 天保てんぽう水滸伝すいこでん

相撲甚句すもうじんくが はらわたえぐ
けりがつかない 勝負石しょうぶいし
こいいのちかぜまかせ せつないねえ」

ひとあらそかなしいけれど
利根みずながれが きるとも
おんな れたら 一緒いっしょ
義理ぎり人情にんじょうふところ
こころやすらぐ こころやすらぐ にしたい
存知ぞんじ 天保てんぽう水滸伝すいこでん