1. 歌詞検索UtaTen
  2. 宇徳敬子
  3. 泣いて歌詞

「泣いて」の歌詞 宇徳敬子

2006/11/22 リリース
作詞
宇徳敬子
作曲
宇徳敬子
文字サイズ
よみがな
hidden
砂浜すなはまいた名前なまえ えるように
なつおもなみがさらってく

境界線きょうかいせん極限きょくげんのない世界せかい
わたししてよ

感謝かんしゃはじまったのに 初心しょしんわすれて
弱気よわき自分じぶんかくしてげてた

どんなときにも 笑顔えがおたやさない
いまでもわたしあこがれなの

いて いて なみだらして
いて きしめて ねむりにつけるまで
世界中せかいじゅうさがしても 出逢であえないわ あなたみたいなひと

ひとみじれば なつかしいこえこえる
みみませば すべてがえるかしら?

本音ほんねえば あなた以外いがいはどうでもよかったの

いて いて ほしもにじんで
いて きしめて 未来みらいかんじられるまで
やりなおためわらせたい あなたがきだから

しんつづけることにつかれたとき
一番いちばんうまくいってたころおもして…

かわいた こころなみだらして
れて らめいて 真実しんじつ辿たどける
とりもどためはじめたい あなたがきだから

だれより きだから…