1. 歌詞検索UtaTen
  2. 宇都宮隆
  3. 思秋期歌詞

「思秋期」の歌詞 宇都宮隆

2018/2/28 リリース
作詞
阿久悠
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
足音あしおともなく ぎた 季節きせつをひとり 見送みおくって
はらはらなみだ あふれる わたし十八じゅうはち

無口むくちだけれど あたたかい こころった あのひとの
わかれの言葉ことば きしめ やがて十九じゅうく

こころゆれる あきになって なみだもろい わたし
青春せいしゅんは こわれもの あいしても きずつき
青春せいしゅんわすれもの ぎてから がつく

ふとしたことで はじめての くちづけをした あのひとは
ごめんといった それっきり こえも かけない

卒業式そつぎょうしきまえこころげに たひとは
わたしなやかおかたを すぼめた

だれかれとおぎて 二度にどとここへ ない
青春せいしゅんは こわれもの あいしても きずつき
青春せいしゅんわすれもの ぎてから がつく

ひとりで紅茶こうちゃ のみながら 絵葉書えはがきなんか いている
元気げんきですか みなさん いつか いましょう

無邪気むじゃきはるかたらいや はなやぐ なつの いたずらや
わらいころげた あれこれ おもあき