1. 歌詞検索UtaTen
  2. 安倍麻美
  3. 水たまりの中の月歌詞

2003.11.5 リリース

「水たまりの中の月」の歌詞 安倍麻美

作詞
326
作曲
筒美京平
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
よみがな
ねむれないよるには まどをくぐって 屋根やねのぼった
屋根やねからえるそらまちはいつもと どっかちがってた

そこにきみはいた こころなかめていた
ぼくのSOSを たどり、みつけ、してくれた

みずたまりのなか ひかつきを「つかまえた」とわらきみ
永遠えいえんあいちか

いつごろからぼく大人おとなばれだすのだろう?
何処どこまでも子供こどもじゃ やっぱダメかなぁ? そっかこまったな

ゆめ先生せんせいめたりしてくれないのかな?
自由じゆうすぎていま 自由じゆう束縛そくばく されてるよ

とおくでうなってる 不安ふあんよりも となりわらってる きみ言葉ことば
しんじることにした

おさなころ よるこわくて ちそうで おびえてた
そういつも もういつも ママのスカートを
つかんでは かくれては そらちないよに
みてた そらを みてた そんな そらいまは いちばん ぼくにやさしい

『リアルにかんじられる現実げんじつがなんもなくて』
くちをついてるのは矛盾むじゅんした正解せいかいだけ
まぼろしのよなきみが どんないたみ よりもリアル…

みずたまりのなか ひかつきと「つかまえた」とわらきみ
永遠えいえんあいちか

明日あしたには かわつき