1. 大地の上で歌詞

「大地の上で」の歌詞 寺田恵子

1994/4/21 リリース
作詞
高柳恋
作曲
金田一郎
文字サイズ
よみがな
hidden
地平線ちへいせんつづ午後ごご草原そうげん
陽射ひざしのなかあそ子供達こどもたちこえ
ラムネのあわのように
はじけてってる
しろくもたかそら
しずかにながれた

ほそめてまぶしさに右手みぎてかざし
かげりのないその笑顔えがおつめてた
背中せなかかぜ
未来みらいちかくにある
あたりまえのそんなことが
不思議ふしぎがした

On the earth
ながときがすぎたあと
キミに出逢であえたならつたえたいよ
だれのポケットにも永遠えいえんのかけらが
ひとつだけねむってること
わすれないで

西陽にしびかげ 草原そうげんながちて
はしまわ子供こどもこえはしゃいでる
ながめているだけで
ちからをキミはくれる
にがあめわるとき
おしえてくれたの

On the earth
その鼓動こどうみみをあてて
そっときているとたしかめたい
あそつかれたならあたしのひざ
ゆめまもってあげる
目覚めざめるまで

こころさえせていた
よるとおいろあせてゆく
陽射ひざしの魔術まじゅつのなか
あたしのたかくなる

On the earth
その鼓動こどうみみをあてて
そっときているとたしかめたい

On the earth
ながときがすぎたあと
キミに出逢であえたならつたえたいよ
だれのポケットにも永遠えいえんのかけらが
ひとつだけねむってること
わすれないで