1. 孤独な花火歌詞

「孤独な花火」の歌詞 寺田恵子

2016/10/19 リリース
作詞
織田哲郎
作曲
織田哲郎
文字サイズ
よみがな
hidden
やけにほら おもとか すがりたくなるよるもあるよね
真夜中まよなか一人ひとりきりさけしたくなったり

色々いろいろ選択肢せんたくしはどれも間違まちがいみたいで
嗚呼ああえそうな自分じぶんにケリれて

だって一度いちどきりの人生じんせいだから
ゆめなきゃね 勿体無もったいないでしょう
だから二度にどとはないこの瞬間しゅんかん
かがやかせないとね わらったもんちでしょう
生命せいめいはみんな 孤独こどく花火はなびだから 派手はでにいこうよ

矛盾むじゅんとか不条理ふじょうりとか かかえたまま世界せかい今日きょうまわ
うまくなんていかなくてたりまえ仕組しくみでしょ

だけどはまたのぼる ギリギリでも大丈夫だいじょうぶ
嗚呼ああ我儘わがままでホント御免ごめんなさい

だって一度いちどきりの人生じんせいだから
ゆめなきゃね つまんなくなるでしょう
もっとたことない景色けしきたくて
けば一人ひとり 荒野こうやにたたずんでも
生命せいめいはみんな 孤独こどく花火はなびだから はなやかに

だって一度いちどきりの人生じんせいだから
ゆめなきゃね 勿体無もったいないでしょう
だから二度にどとはないこの瞬間しゅんかん
かがやかせないとね わらったもんちでしょう
生命せいめいはみんな 孤独こどく花火はなびだから 派手はでにいこうよ