1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小椋佳
  3. 時歌詞

1991.11.1 リリース

「時」の歌詞 小椋佳

iTunesで購入
曲名
アルバム
遠ざかる風景
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
街角まちかど偶然ぐうぜん出逢であった とてもとてもとお
ほんのすこくびをかしげて 微笑ほほえくせおぼえていました
にすくった巻貝まきがいこえたしろ潮騒しおさい
あなたのまわりにこえます
ときながさがあるなんて だれげたのですか
ぼくはあのきみ姿すがた
いまつめることができるのに

街角まちかど偶然ぐうぜん出逢であった とてもとてもとお
きみきないろわらず あわあわむらさきでしたね
いつか手紙てがみくはずの あさまでさがしたこと
いまでもこころんでます
ときがすべてながすなんて だれったのですか
ひとりげたふゆうみ
なみつめたさがぼくなかにある

街角まちかど偶然ぐうぜんあった とてもとてもとお
しあわせをたずねる戸惑とまどい どうしてかけないぼくです
ひらいたばかりのはなこうはるのどやかなひろがりが
あなたのまわりにさざめいてます
ときはもとにもどれないと だれめたのですか
こころなかにあこがれが
いまもふくらんでいくとかんじているのに

とき/おぐらけい

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:時 歌手:小椋佳

リンクコード:

ブログ用リンク: