1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小椋佳
  3. 逝くとき、祝うとき歌詞

2016.1.1 リリース

「逝くとき、祝うとき」の歌詞 小椋佳

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
むなしさに
命捨いのちすりたいと
にたいと おもときさえ

この身体からだは かすりきずさえ
ときかず
いやそうとしてる

人生じんせい
意味いみつからないと
甲斐かいないと んでも

この身体からだきることを
えらっている
いのち不思議ふしぎ

生誕せいたん当然とうぜんのこととして
価値かちあると いわうのならば

おなじく いのち自然しぜん
えらびとして
いわっていいもの

いつの
わたしときには
せいあわれまずに

わたしという ひとかたまりの
ねがとおりだと
いわってしい

わたしくときにはきっと
やりげたこと
おもかべはしない

わたしくときにはそっと
その面影おもかげ
微笑ほほえむだけでいい

いつの
わたしときには
せいあわれまずに

わたしという ひとかたまりの
ねがとおりだと
いわってしい

ゆくとき、いわうとき/おぐらけい

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:逝くとき、祝うとき 歌手:小椋佳

リンクコード:

ブログ用リンク: