1. いつでもどこかに歌詞

「いつでもどこかに」の歌詞 小野正利

1995/10/21 リリース
作詞
小野正利・秋元康
作曲
大山曜
文字サイズ
よみがな
hidden
ほおらしたよる
ねむれずにむかえたあさ
きみあるつづける
永遠えいえんのたった一瞬いっしゅん

いまいる場所ばしょかなしくて
なにえなくなる

いつでも どこかに
青空あおぞらはあるよ
おもより すぐちかくで
いつでも どこかに
ゆめってるよ
明日あしたになれば わかるはずさ

もっと自分じぶんしんじて
まらず かぜになろう
かぜに…

ひときずつきながら
まただれきずつけてゆく
きみむねいたみは
ったとおいリグレット

自分じぶんかげさびしくて
そっとうごいてみた

自由じゆうはどこかで
つばさひろげる
うつむいたら づかないさ

かならずどこかに
木漏こもれる
つらい日々ひびのその隙間すきま

きみあるしたとき
そらのいろわるだろう
やがて…

あめったときには
だれかのやさしさに
心寄こころよせて
きみ一人ひとりじゃないとるさ

いつでも どこかに
青空あおぞらはあるよ
おもより すぐちかくで
いつでも どこかに
ゆめってるよ
明日あしたになれば わかるはずさ

もっと自分じぶんしんじて
まらず かぜになろう
かぜに…