1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山口由子
  3. 太陽と月に背いて歌詞

1997.2.5 リリース

「太陽と月に背いて」の歌詞 山口由子

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
あのていたそら何処どこまでも
「きりがなくつづくんだ」としんじていた
薄明うすあかりのえきしろいホームで
ママのかえりをいつもっていた

ある季節きせつのそれはとてもなが時間じかんだった
そして少女しょうじょすべざしたの

真実ほんとわたしからない
こころかぎけない
肝心かんじんなときにだれもいない
なかとはそういうもの
だけど ねえつきってる

18のはる れず少女しょうじょ
「このまち大嫌だいきらい」と手紙てがみのこして
突然とつぜんかぜのように一瞬いっしゅん
えてしまったの そして時間ときながれて

自由じゆうになるおかねさえないらしでも
あのころよりたのしくやっているわ

笑顔えがおになんてだまされない
愛想あいそふりまくほどいいじゃない
3ねん周期しゅうきなか
あいなんてつづくとおもわない
だけど ねえつきせない

真実ほんとわたしからない
こころかぎけない
肝心かんじんなときにだれもいない
なかとはそういうもの
だけど ねえつきってる

つめたい都会とかい片隅かたすみ
りにされた少女しょうじょ
何処どこかで ねえつきている

たいようとつきにそむいて/やまぐちゆうこ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:太陽と月に背いて 歌手:山口由子

リンクコード:

ブログ用リンク: