1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山根万理奈
  3. ひとりぐらし歌詞

「ひとりぐらし」の歌詞 山根万理奈

2017/4/5 リリース
作詞
山根万理奈
作曲
山根万理奈
文字サイズ
よみがな
hidden
あんなにも夜更よふかしをしていたのに
かえあさはやいものです
アパートのそばにあるキンモクセイ
このまちあきかお

なんでも かんでも きにできます
迷惑めいわくなんてかけていないとおもっていました
本当ほんとう

わっていくことで われずいることで
心配しんぱいかけていることも気付きづいていました
気休きやすめみたいにう"大丈夫だいじょうぶ"

黄昏たそがれ窓際まどぎわえば
ひろいグラウンドがえる部屋へやです
はしゃぐようなどもたちのわらごえ
心地ここちよくおもったりして

なんとか かんとか ごしています
一人ひとりきていけるなんておもっていました
あのころ

もどってくるなとも かえっておいでとも
わないあなたに きっとあまえていました
見上みあげたほおにそっとりたつき

がんばれ!って言葉ことば
素直すなおれないもあるけど
がんばるよ。
こころからわらってみせるわたしでいたいから

ていてくれること しんじてくれること
ちゃんとこたえたいの
ひとりだけど一人ひとりじゃない
大切たいせつひと どうもありがとう

はなれていてもおなそらした
あなたもわらっていますように