1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山猿
  3. ひとりごと歌詞

「ひとりごと」の歌詞 山猿

2017/4/12 リリース
作詞
山猿
作曲
山猿,川口圭太
文字サイズ
よみがな
hidden
ヘッドフォンからながれてくる 約束やくそくしてない束縛そくばく
いまぼくなが勇気ゆうきそなわってたらな

あまってたいかりをいて ピュアなまんまの世界せかいきしめ
かえしてしい かえしてしい 無力むりょくだとげつけられた日々ひび
まぶしいものだけを えらびすぎてたから
まわりとすこしズレてた

いつもどおりのらかった部屋へやでひとりかんがえてた
んだ感情論かんじょうろんはつまらないエゴみたい
かなしいくらいのきみさけびをぼくいたみのそば
いてもいいよ あさまでそばにいるから

すりらしたスニーカーたち下駄箱げたばこなかねむっている
いまぼくはオシャレにそれをこなす自信じしんもない

新鮮しんせんだったあやまいて えなくなった真実しんじつてて
もどしてほしい もどしてほしい 無邪気むじゃきなままでいれたあの日々ひび
いとしいものだけを えらんでたあのころ
すこくるしかった

いつもどおりのまちさくらはるれてきたころ
ぼくまよわずにうつくしいとえるかな?
はるなんてなきゃいい わかれのさくらうあんな季節きせつ
ぼくいたくない きみをひとりにはしない

うつくしいものだけをさがそうとしてたら
きみかなしそうにしてた

いつもどおりのらかった部屋へやでひとりかんがえてた
んだ感情論かんじょうろんはつまらないエゴみたい
かなしいくらいのきみさけびをぼくいたみのそば
いてもいいよ あさまでそばにいるから