1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山猿
  3. カゲロウ歌詞

「カゲロウ」の歌詞 山猿

2017/4/12 リリース
作詞
山猿
作曲
山猿,Naoki Itai
文字サイズ
よみがな
hidden
やるせないおもそらいてまだびついちゃいないぼくらは
つよすぎる期待きたいとは裏腹うらはらける場所ばしょさがもとめてた

すすむべき場所ばしょいまとおくにあったってもかまわない
もれなくついてくる不安ふあん孤独こどくはいつからか友達ともだち
あめきらいだったのはきみなみだにすぐづけないから
すこおおきめのかさっておいた これでむかえにゆける

位置いちについてよーいドン われこう勝負しょうぶ武士ぶしたましい
四方八方しほうはっぽうかこまれたってぼくぼく未来みらいえがいてやる

やるせないおもそらいてまだびついちゃいないぼくらは
つよすぎる期待きたいとは裏腹うらはらける場所ばしょさがもとめてた
ずっとこのままでたいわけじゃない わかるでしょ意地いじりなこころ
冗談じょうだんじゃないじゅくしたのさ ぼくにははっきりとえるあのカゲロウ

利口りこうさんにしてたのはね 面倒めんどうくさいのが苦手にがてだから
くいたれるってよくよわいあいつがってた言葉ことば
はらからわらえたのって? いつのだったかおもせない
おもくのしかかるプレッシャーはだれかがぼくてた期待きたい

げてきたこのゆめがもしもだれかにわらわれたなら
ぼく平常心へいじょうしんじゃいられない 本当ほんとうのことをぶちまけてやる

やるがないならどいてほしい あとまりすぎたこの社会しゃかい
えらいさんたちがぬるすぎるからした世代せだいそだたないのさ
ずっとこのままでいいわけがない がついたときにはあとまつ
もうえられない まだいけるやれる ぼくにははっきりとえるあのカゲロウ

どうやらいかけてきた情熱じょうねつあせ無駄むだじゃなかったようだ
こみげてきた自信じしんはあの言葉ことば言霊ことだまつないだ
だれかにうそなんてすぐつける でもそれだと自分じぶんむなしい
すべてをかくすのにはつかれた くもったまどガラスにいた手紙てがみ

やるせないおもそらいてまだびついちゃいないぼくらは
つよすぎる期待きたいとは裏腹うらはらける場所ばしょさがもとめてた
ずっとこのままでたいわけじゃない わかるでしょ意地いじりなこころ
冗談じょうだんじゃないじゅくしたのさ ぼくにははっきりとえるあのカゲロウ