1. 歌詞検索UtaTen
  2. 岡村孝子
  3. あの夏の海歌詞

「あの夏の海」の歌詞 岡村孝子

2003/9/25 リリース
作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子
文字サイズ
よみがな
hidden
さきさえめないまま ひょうようみたいに
時間じかんだけがながれていた 二人ふたり季節きせつ

かたむ太陽たいようなみにとけるのを
テラスにもたれつめた

あの あなたのむねかおをうずめてねむった
ふか静寂しじまなか あつ鼓動こどういて
せては かえなみのようにどこまででも
ゆるぎなくつづいてく 永遠えいえん明日あしたしんじて

まぶしそうにほそめた あなたの横顔よこがお
なみひかざしけて キラキラとける

さえぎるものなんてなにひとつなくて
水平線すいへいせんひろがる

あの 子供こどもみたいに無邪気むじゃきにはしゃぎあってた
けた素肌すはだ潮風しおかぜびながら
ゆびのすきま こぼれちるすなのようにいつか
ときもみな こぼれてく わたしだけりにして

あの あなたとわたし おなときなかきた
ゆるぎなくつづいてく 永遠えいえんあいしんじて