1. 明日の風歌詞

「明日の風」の歌詞 岡村孝子

1996/2/19 リリース
作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子
文字サイズ
よみがな
hidden
一番星いちばんぼし見上みあげながら
あなたへの家路いえじいそいだ日々ひび
ぜいたくすぎるやすらぎさえ
永遠えいえんつづくとおもっていた

あれからわたしだけ時間じかんまってる
どこへもすすめないままに

あなたのいない季節きせつが あなたときた季節きせつ
こうしてしずかにいこして
いたみにかえてにした自由じゆうつかれて
今日きょうながされてゆくの

地下鉄ちかてつまどには
らないわたしうつっている
なにかをさがせないこころ
もてあましひとゴミにのみこまれながら

はげしくきずついてせつなくときめいて
だれかをあいしていますか

不幸ふこうわけじゃないけど やんでなんかないけど
時々ときどき自信じしんくしてしまう
すようにきてる自分じぶんにいつしか
れていってしまうから

あなたのいない季節きせつが あなたときた季節きせつ
いつかはきれいにいこすけれど
ひたむきなまでにあいしたあの情熱じょうねつ
ずっとわすれずにいたい

あなたのいない季節きせつが あなたときた季節きせつ
いくつもしずかにいこしてゆく
明日あしたかぜかれてさまようときにも
まっすぐあるいていたい