1. 永遠の夏歌詞

「永遠の夏」の歌詞 岡村孝子

2006/5/24 リリース
作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子
文字サイズ
よみがな
hidden
遠慮えんりょがちにをつないだ二人ふたりかげ
まっすぐにびていく 夕暮ゆうぐせまうみ
かぜにゆれる椰子やしかげ たわむれてる
子供こどもわらごえとおくにあふれてる

めぐめぐ季節きせつかえ
たどりついた永遠えいえんなつ

せてはかえなみがはるかにちてる
夕陽ゆうひびて
彼方かなたひろがる水平線すいへいせんいま
しずんだ夕陽ゆうひえている

おな景色けしきつめながらあなたといま
おな時代じだいきるとうと瞬間しゅんかん
ありきたりにくりかえして いつのにか
はるかにつむいでゆく いとしいおも

どんなときわたしみち
あなたがいてらしてくれる

りそいながら どこまででもあるいてく
潮風しおかぜけて
彼方かなたひろがる水平線すいへいせんいま
しずんだ夕陽ゆうひいかけて

りそいながら どこまででもあるいてく
潮風しおかぜけて
彼方かなたひろがる水平線すいへいせんいま
しずんだ夕陽ゆうひいかけて