1. 涙のしずく歌詞

「涙のしずく」の歌詞 岡村孝子

2003/9/25 リリース
作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子
文字サイズ
よみがな
hidden
窓辺まどべりた ひとすじのかぜ
目覚めざめたわたしを やさしくさそって
まつげにのこなみだのしずく
まだまだおもには えられないまま

あなたのいない 幾千いくせんもの
あさえて いけたなら
さがもとめる しあわせにいつか
たどりつくのかな

くもひとつない 秋晴あきばれのあさ
ああ もうわたしまもってくれないのね

はなみずから プラタナスまで
いくつも季節きせつめぐっていくけど
とまどいながら ふりきながら
ぶざまにちすくんで ためいきついてる

うみよりふかい このせつなさ
後悔こうかいとは ばないで
ねじれるような 孤独こどくいたみも
きているあかし

はるかにつづ秋晴あきばれのそら
そろそろある季節きせつになりました

いろづくまちひといきれに
まぎれながら ある
さがもとめる しあわせにいつか
たどりつくように

はるかにつづ秋晴あきばれのそら
こころのおもむくまま 今日きょうきている