1. 朝が来るまで歌詞

「朝が来るまで」の歌詞 岩崎宏美

2001/12/5 リリース
作詞
藤田千章
作曲
佐藤竹善
文字サイズ
よみがな
hidden
あお
そらでさえ
場所ばしょ
まだらない
ともがいる
おな
かぜなか
きるのだから
よろこびは
かちえる

出来事できごと裏側うらがわ
それぞれのこころ
えるのに

暗闇くらやみおおわれるなら

むねおくけて
ゆるえるうつくしさ
つけたい

あさ
まで

たとえ
かなしみが
ひろがるときも
くちずさむ
うたはある
明日あした
ながめれば
みどりほし
いつまでも
まもりたいはず

境界きょうかいえて
いつくしむあい
そだつのに

くもからそそ
ひとすじ日射ひざしのような
かがやつづける希望きぼう
つけたい
この地上ちじょう

暗闇くらやみおおわれるなら
むねおくけて
かさわすしあわせを
つけたい

あさ
まで

なに
まれない
いさかいをいま
やさしさに
めて

出来事できごと裏側うらがわ
それぞれのあい
えるから

くもからそそ
ひとすじ日射ひざしのような
かがやつづける希望きぼう
つけたい
この地上ちじょう

暗闇くらやみおおわれるなら
むねおくけて
かさわすしあわせを
つけたい
あさまでに

くもからそそ
ひとすじ日射ひざしのような
かがやつづける希望きぼう
つけたい

あさ
まで