1. 太陽電車歌詞

「太陽電車」の歌詞 川嶋あい

2008/8/20 リリース
作詞
川嶋あい
作曲
川嶋あい
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたのもとにまれて本当ほんとうかったとこころからおもってます
かんだりしずんだりして人生じんせいながれていくとおしえてくれました
先立さきだたれてもうどれくらいだろう 日増ひましにとおくなっていく
わたしなか住人じゅうにんいま過去かこというえきから出発しゅっぱつしました
太陽たいよう電車でんしゃりあなたをれて今日きょうたびしていく
はなれているようでいつもつながっているとやっとづきました
はじさらしてえんじるのはもうやめました

わけもなくあたった日々ひびに「ごめんね」の
言葉ことばさえいまはもうとどきません
ときがあればあるだけのぶんあなたをわすれてしまいそうでこわかった
ったあとのタンポポの大空おおぞらをはしゃいでいく
やさしさでずっと見守みまもるあなた あいはいつでもかげながらなんですね
太陽たいよう電車でんしゃりあなたをれて今日きょうたびしていく
あまえたいときにはそら見上みあげてわらってみます
そしてどうしようもないときにはいてみます

まだら模様もようくやなみだはこの電車でんしゃまどからてました
おくれたいくつものよる あとかたってくれました
これがそう ははせっきと

あたたかなひかりはあなたの笑顔えがおそうおもっています
なにもしてあげられないけどずっとずっとわすれません
太陽たいよう電車でんしゃく あなたとおなゆめせどこまでも
終着駅しゅうちゃくえきはない タンポポのはねばなかせます
あなたにかれまたいのちうたをつなぐ
La La la…