1. 歌詞検索UtaTen
  2. 徳永英明
  3. 幻を止めて歌詞

「幻を止めて」の歌詞 徳永英明

1991/10/5 リリース
作詞
秋谷銀四郎
作曲
徳永英明
文字サイズ
よみがな
hidden
ああ ゆめだよと
いま いいきかせて
そう うそだよと
ただ つぶやいても

かえりたくないと
とまどってみても
めるのは きみだから

ふたり 夕暮ゆうぐれのなぎさ
出会であった 予感よかんのままに
きみれたかみのままで
女神めがみ姿すがたをしてた まぼろし

ゆめかさねてはねむった
最後さいご言葉ことばをかくし
きみの ひそやかな寝顔ねがお
たしかな時間じかん吐息といきさがした

まぼろしめて
まぼろしめて

ふたり 理由わけのあるこいでも
はなしは しないさずっと
むねに つかまえていたら
にじんだなみだもやがてかわ