1. 歌詞検索UtaTen
  2. 持田香織
  3. きみのともだち歌詞

「きみのともだち」の歌詞 持田香織

2010/8/25 リリース
作詞
持田香織
作曲
谷山浩子
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくを
きみのともだちといって
いつもとなりいてくれた

どこへゆくにも
ずっとずっと
一緒いっしょにいたね

あれから
いろんな日々ひびえて
いくつもの季節きせつ とおして

いつのまにか
きみはおおきくなり
すこしずつ
ぼくをわすれていった

あさになれば朝陽あさひびて
よるになればほしをみた

きみが出逢であったいっぱい
きみがそだったいっぱい
ってるよ

きみは
いつもがんばっている
うつむきかお今日きょうがあっても
明日あすあさにはわらってみせる
こえさずにいたよる
しずかにながれるこころおと

もしも
ぼくにちからがあれば
うんとうんと
だきしめるのに

もしも
ぼくがはなせるのなら
勇気ゆうきづけることできたのに

かなしいはいたいとわかった
うれしいはちるとわかった
さびしいと孤独こどくった
いとしいとこころ

きみは
いつもがんばっている
たのしいだけが
しあわせじゃない
かぞえきれないよるえて
きみの
しあわせが
できあがるんだ

もしも
ぼくにちからがあれば
うんとうんと
だきしめるのに

もしも
ぼくがはなせるのなら
勇気ゆうきづけることできたのに

もしも
ぼくにちからがあれば
うんとうんと
だきしめるのに

もしも
ぼくがはなせるのなら
勇気ゆうきづけることできたのに

ばくは
ずっとここにいるよ
きみの部屋へやかべにもたれて

ぼくは
ずっとここにいるよ
きみをずっと見守みまもるよ

きみと出逢であった
ちいさな世界せかい
きみとおおきなゆめをみる

くたくたになって
まっくろになって
きみがぼくをわすれても

ぼくは
きみのともだち

それが
ぼくのしあわせ