1. 歌詞検索UtaTen
  2. 新居昭乃
  3. 月よ凍れ歌詞

1986.10.21 リリース

「月よ凍れ」の歌詞 新居昭乃

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
いくつのよる かさねて
かいえる ただそれだけ
なぞかれる はじめてのころ宝石ほうせき

構図こうず画家がか視線しせん
みみなかが スーッとなって
どうしていいか わからないほど
きしめて しい

つきこお
ほかだれらさぬよに えないよに
つきこお
金色きんいろから銀色ぎんいろへと あみろせ

バンドさえも けないバラッド
ブレスもなく ただおどろう
刃物はものよう鋭角えいかくなトゥダンス
そのあとのために

つきこお
ほかほしまわらぬよに うごかぬよに
つきこお
自由じゆうなんて わたしだけはいらないから

鉄塔てっとうのふもとを あるいて
時間とき本当ほんとうにツライ
何故なぜそんなに わたしくるしめる
ゆめじゃない

つきこお
ほかだれらさぬよに えないよに
つきこお
金色きんいろから銀色ぎんいろへと あみろせ

つきこお
ほかほしまわらぬよに うごかぬよに
つきこお
自由じゆうなんて わたしだけはいらないから

つきよこおれ/あらいあきの

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:月よ凍れ 歌手:新居昭乃

リンクコード:

ブログ用リンク: