1. 歌詞検索UtaTen
  2. 新沼謙治
  3. 俺の昭和が遠くなる歌詞

2016.2.17 リリース

「俺の昭和が遠くなる」の歌詞 新沼謙治

作詞
掛橋わこう
作曲
幸斉たけし
iTunesで購入
曲名
俺の昭和が遠くなる
アルバム
新沼謙治デビュー40周年記念アルバム 気持ちよく悲しい歌が聴こえる
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
なにからなにまで やるせない
んでも心底しんそこ えなくて
ひとりこころたびをする
いろとりどりの ゆめ
いろとりどりに かがやいた
やさしい時代じだいが あったね…と
おれ昭和しょうわとおくなる

いつからわった こんな
やさしさひとつが さがせない
きずをつけことばかり
ひとそれぞれの しあわせと
ひとそれぞれの よろこびを
だれもがこころいていた
おれ昭和しょうわとおくなる

むほど昭和しょうわなつかしい
かった時代じだいだれ
とおくなるほど なおさらに
いろとりどりに こいをして
いろとりどりに いて
まぼろしみたいに ぎてゆく
おれ昭和しょうわとおくなる

おれのしょうわがとおくなる/にいぬまけんじ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:俺の昭和が遠くなる 歌手:新沼謙治

リンクコード:

ブログ用リンク: